成人にはEPA高配合サプリがお勧め?EPA、DHA、DPAの特徴や働き

EPA、DHA、DPA
DHAサプリには、DHAはもちろん、EPAやDPAが配合されていることがあります。これらは魚の油などに含まれている似たような成分なのですが、それぞれ微妙に性質が異なります。

DHAサプリを飲むうえでは、これらの成分の違いについて知っておいたほうがよいでしょう。

「自分に合ったサプリメントを選びたい」
「ある特定の目的のためにDHAサプリを飲もうと考えている」

そんな方々にはDHAやEPAの知識が役に立つはずです。当記事ではDHA、EPA、DPAの違いや特徴などについてお話しいたします。

大人になったらEPA?各成分の特徴とは

DHA

DHAとは、ドコサヘキサエン酸のことで、不飽和脂肪酸の一種です。魚を食べると頭がよくなるというフレーズを聞いたことはないでしょうか。

これはDHAが脳に含まれる成分であることから生まれたものなのです。DHAは人間の体を構成する重要な成分であり、特に成長期にある子供は積極的に摂取すると良いとされています。

DHAは体内に取り込まれると血液中に溶け込み、血液脳関門を突破して、海馬へと集められます。それによって人体にどのような変化がもたらされるのかは不明ですが、継続的な摂取により認知機能が向上したとする実験も存在します。もし本当だとすれば凄いことですよね。

もともとDHAは、日本の子供の知能指数が高いのは魚食の影響では?との問いから研究されるに至った成分。

その点については未だはっきりとしたことはわかっていませんが、体を形成する成分であることには間違いないため、子供にはDHAを積極的に摂らせたほうがよいでしょう。

ただし魚食でのDHA摂取は水銀の摂りすぎに繋がる恐れがあるため、注意が必要です。

EPA

EPAは、エイコサペンタエン酸のこと。同じく体に良い油のひとつです。血液をさらさらにするのを手伝う働きのあることがわかっており、高純度のEPAは治療薬として使用されることもあります(エパデールなど)。

ちなみにEPAとDHAの配合されたお薬もあります(ロトリガ)。血液の状態を健康的に保つのに有用な成分なんですね。

EPAを継続的に摂取すると、血液中のEPAがどんどん増えていきます。DHAは摂取してもそんなに変わらないのですが、EPAは着実に体内に蓄えられていくのです。

もちろんDHAも体に良い成分ではありますが、すでに成長期を過ぎた人が魚油系のサプリメントを摂るのなら、EPAが多く配合されたサプリメントのほうがよいでしょう。

ただしDHAの認知機能向上に関する研究が今後さらに進展し、認知症の予防等に役立つと完全に証明される可能性もゼロではありません。体に悪いものではありませんから、EPAと一緒に十分な量のDHAを摂っておいたほうが良いでしょう。

たとえば、EPA400㎎、DHA300㎎といったような、バランスの摂れたサプリメントがおすすめです。

逆に、今現在、健康的な食事を心掛けていて、血液の状態もいたって健康であるという方は、DHAを重点的に摂るというのでも良いかと思います。

DPA

DPAとはドコサペンタエン酸のことで、アザラシの脂などに含まれる成分。性質はEPAとよく似ており、血液をさらさらにするのをサポートしてくれる働きを持つのですが、その実力はなんとEPAの10倍ほどと言われています。

最近になって注目されだした成分と言ってよく、これを配合しているDHAサプリメントはそんなに多くはありません。DPAだけを配合したサプリメントというのもないようです。

血液の健康維持を目的にDHAサプリメントを飲むのなら、EPAとDPAが高配合されたものを選ぶとよいでしょう。

日頃からEPA、DPAを積極的に摂ることで、少なくともこれらの成分の血中濃度は上昇していくはずです。

まとめ

以上、DHA、EPA、DPAのそれぞれの特徴や性質をご紹介いたしました。

魚にはこれほど人体に良い成分が含まれているんですね。毎日積極的に摂って、健康維持に努めたいところです。